曼殊院 大書院

内容概要

曼殊院にある江戸時代建築の重要文化財建造物。現在の本堂。本尊は阿弥陀如来。瓢箪や扇子の杉戸引手、月型卍(万字)崩しの欄間,菊・短冊の釘隠し,桂離宮と同じ桂棚など、随所に意匠が凝らされている。書院内に座す元三慈慧大師は、おみくじの元祖。

【正式名称】
曼殊院 大書院(まんしゅいん おおじょいん)