大覚寺 五大明王像

内容概要

大覚寺の御本尊。平安時代後期の仏師明円作の五大明王像(重文)は、現在霊宝館内に安置。現在本堂(五大堂)にまつられている五大明王像(金剛夜叉明王、降三世明王、不動明王、軍荼利明王、大威徳明王)は、昭和50年人間国宝松久朋琳宝琳仏師の作。写真は不動明王像。
その他にも重文として、室町時代製作の五大明王像をもう一組霊宝館内に所蔵。
ホームページ https://www.daikakuji.or.jp/

【正式名称】
大覚寺 五大明王像(だいかくじ ごだいみょうおうぞう)
拝観・開館時間 9:00~17:00
料金 大人 500円
小中高生 300円
※名宝展 500円
備考 霊宝館内は春季、秋季名宝展時のみ拝観可
16:30受付終了

関連情報

大覚寺 真言宗大覚寺派の本山。876年(貞観18年)、嵯峨天皇の離宮嵯峨院を寺院に改め、歴代の天皇や皇族が住持された門跡寺院であり、嵯峨御所として知られる。境内に書院造の正寝殿(重文)には、...