醍醐寺三宝院 純浄観

内容概要

大閣秀吉が槍山で花見をしたときの建物を移築したものといわれています。襖絵の桜・紅葉は、平成に入って日本画家・浜田泰介画伯が描いたものです。

【非公開】

【正式名称】
醍醐寺三宝院 純浄観(だいごじさんぼういん じゅんじょうかん)
車椅子による見学 不可
備考 通常非公開

関連情報

醍醐寺三宝院 醍醐寺塔頭・三宝院は永久3(1115)、醍醐寺第14世座主・勝覚僧正により創建されました。醍醐寺の本坊的な存在であり、歴代座主が居住する坊です。現在の三宝院は、その建造物の多くが国宝や...