春光院 銅鐘

内容概要

妙心寺塔頭の春光院にある桃山時代作の重要文化財工芸品。高さ60cmと小さいが、イエスの略字と十字架、三枝花文様、裏に1577(天正5)年の銘があり「南蛮寺鐘」とも呼ばれる。

【正式名称】
春光院 銅鐘(しゅんこういん どうしょう)

関連情報

春光院 妙心寺塔頭。妙心寺本坊の北西にある。1590年(天正18)豊臣三中老のひとり堀尾吉晴が長男金助の菩提を弔うために創建。開祖は妙心寺113世猷景嘉。初め、俊巌院と号したが、堀尾氏断絶後、姻...