曼殊院 小書院

内容概要

江戸時代の建築で重要文化財。庭園正面、大書院(本堂)の北東につらなる数奇屋風の書院。廊下部分と室内部分との屋根が雁が二羽重なって飛んで行く様子を表し二重屋根となっている。菊の欄間、富士の釘隠し、約十種の寄木でできた曼殊院棚など、随所に意匠が凝らされている。縁側南にある梟(ふくろう)の手水鉢は、月見を愉しんだといわれる。

【正式名称】
曼殊院 小書院(まんしゅいん こしょいん)

関連情報

曼殊院 「小さな桂離宮」ともいわれ桂離宮を創始された八条宮智仁親王の皇子良尚法親が1656年、現在地に移された。そのためそこかしこに桂離宮と通うものがある。明治維新まで北野天満宮の別当(管...