鞍馬寺 木造毘沙門天立像

内容概要

鞍馬寺に伝わる平安時代作の国宝彫刻。一木彫の白木の像で、右手に鉾を持ち、左手を目の上にかざして京都を望む北方鎮護の姿である。(鞍馬山霊宝殿にて拝観できる)

【正式名称】
鞍馬寺 木造毘沙門天立像(くらまでら もくぞうびしゃもんてんりゅうぞう)

関連情報

鞍馬寺 鞍馬弘教総本山。770年(宝亀1)鑑真和上の高弟鑑禎上人が毘沙門天を本尊として奉安したのが起こり。平安時代は京都の北方守護の寺として信仰を集めた。本殿金堂、多宝塔などは近年再建され...