清水寺 渡海船額(絵馬)

内容概要

清水寺にある江戸時代初作の重要文化財絵画。貿易商人が東南アジアとの貿易の成功を感謝して奉納した。
角倉船(すみのくらぶね)図一面、末吉船(すえよしぶね)図三面がある。風俗史の資料としても貴重。
非公開

【正式名称】
清水寺 渡海船額(絵馬)(きよみずでら とかいせんがく(えま))

関連情報

清水寺 北法相宗の本山。西国観音霊場三十三カ所第16番札所。778年(宝亀9)延鎮上人が開山、798年(延暦17)坂上田村麻呂の創建と伝える。音羽山中腹に30近い堂塔伽藍が並ぶ。現在の主な堂塔は、16...