三千院 木造阿弥陀如来三尊士坐像

内容概要

三千院にある藤原時代作の国宝彫刻。三千院往生極楽院内に安置されている。阿弥陀如来坐像を中央に、向かって右脇侍の観音菩薩坐像は両手に蓮台をささげ、左脇侍の勢至菩薩坐像は合掌し、ともに蓮台に坐する姿は、来迎の姿をあらわしているといわれる。源信作と伝わる。常時参拝可。

<駐車場>
民営多数有り

※受付終了17:00
 拝観時間は冬季(12/8~2/28)は9:00~17:00となります。
 (受付終了16:30)

【正式名称】
三千院 木造阿弥陀如来三尊士坐像(さんぜんいん もくぞうあみだにょらいさんぞんじざぞう)
車椅子による見学 可 極楽院・有清園~奥の院奥の院と順路最後に障害者用トイレ有
拝観・開館時間 8:30~17:30
見学所要時間 約50分
休日・休館 なし
料金     一般 団体(30名以上)
大人  700円   600円
大学生 700円   600円 
高校生 400円   300円 
中学生 400円   300円 
小人  150円

予約方法 法話予約団体のみFaxにて

関連情報

三千院 魚山と号する。天台宗五箇室門跡の一つ。最澄(伝教大師)が比叡山に庵を結んだ時、東塔南谷に一堂を建立したのが起こり。宸殿前に広がる苔の密生した杉木立の庭を有清園といい、藤原時代を...