清水寺 木造十一面観音立像

内容概要

 清水寺にある重文の彫刻。
 樟(くす)材の一木造りで、平安初期の古様を漂わせる平安中期(藤原時代)の優作である。
非公開

【正式名称】
清水寺 木造十一面観音立像(きよみずでら もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

関連情報

清水寺 北法相宗の本山。西国観音霊場三十三カ所第16番札所。778年(宝亀9)延鎮上人が開山、798年(延暦17)坂上田村麻呂の創建と伝える。音羽山中腹に30近い堂塔伽藍が並ぶ。現在の主な堂塔は、16...