圓徳院 紙本墨画山水図

内容概要

圓徳院にある桃山時代作の重要文化財絵画。方丈の襖絵で、桐形紋を一面に押した唐紙上に描かれている。長谷川等伯の作。もとは大徳寺三玄院の客殿襖絵であったと伝えられる。

【正式名称】
圓徳院 紙本墨画山水図(えんとくいん かみほんぼくがさんすいず)

関連情報

圓徳院 高台寺の塔頭寺院。開基は、北政所の甥木下利房。方丈の襖絵は長谷川等柏の筆(重文)。現在は復元画を展示。北庭の枯山水は桃山時代の風香を伝え国名勝指定を受けている。臨済宗。建立:160...