本願寺 飛雲閣

内容概要

金閣、銀閣と共に「京の三名閣」の一つに数えられる国宝の建造物である。
境内地東南に位置する「滴翠園」の中に建てられ柿葺の三層からなる楼閣建築で、前面が滄浪池に面し、舟で出入りするように造られている。金閣・銀閣が左右対称であるのに比べ、建物全体が非対称に造られており、不規則な中にも巧みに調和が保たれている。見る位置によって変化する多彩な姿を楽しませてくれる。

【正式名称】
本願寺 飛雲閣(ほんがんじ ひうんかく)
備考 通常非公開

関連情報

宗教法人 本願寺 浄土真宗本願寺派の本山。1272年(文永9)宗祖・親鸞聖人の末娘覚信尼が京都の東山大谷に建立した廟堂に始まる。第3代覚如上人のときに本願寺と公称。第8代蓮如上人の尽力により大教団に発展...