東福寺 禅堂

内容概要

東福寺にある南北朝時代建築の重要文化財建造物。東司の北にある。選仏場、僧堂ともいい、参禅の道場としては、現存する最古最大の建物である。なお、禅堂は毎週日曜坐禅会をしております。(中、南門にて掲示しております)又20名以上(有料)で申込により坐禅指導しています。(要予約、20名以上は有料)

日曜坐禅会は朝6時半より1時間
予約も費用も不要

ホームページ http://www.tofukuji.jp

【正式名称】
東福寺 禅堂(とうふくじ ぜんどう)

関連情報

東福寺 臨済宗東福寺派の本山。摂政九條道家が聖一国師を開山として菩提寺建立を発願、1236(嘉禎2)年4月2日(鎌倉時代)より19年の歳月をかけて1255年(建長7)に七堂伽藍を完成した。京都五...