泉涌寺 仏殿

内容概要

泉涌寺にある江戸時代建築の重要文化財建造物。境内の中央に西面して建つ禅宗風の建物。正面中央に両開きの棧唐戸、左右両端に花頭窓をつける。常時公開
毎年3月14日~3月16日は大涅槃図公開。

【正式名称】
泉涌寺 仏殿(せんにゅうじ ぶつでん)
車椅子による見学 基本的に出来ますが砂利道、段差あり。
拝観・開館時間 9:00~17:00
見学所要時間 約30分
休日・休館 無休
予約方法 団体は事前にお電話下さい。
備考 駐車場は無料

関連情報

泉涌寺 真言宗泉涌寺派の総本山。皇室との関連が深く御寺(みてら)とも呼ばれる。寺伝によれば、空海が天長年間(824-34)ここに草庵を結び、法輪寺としたのが起こり。1218年(建保6)月輪大師が造...