八坂神社 本殿

内容概要

八坂神社にある江戸時代建築の重要文化財建造物。現在の社殿は、承応3年(1654)徳川家綱が再建した。祇園造と呼ばれる神社建築の一様式となっている。
平成の大修造営に伴い修復、日本最大級の神社神殿である。平成14年4月15日本殿遷座祭を斎行し、色彩豊かな本殿が竣功した。

<交通案内>
・京阪電車「祇園四条」下車 徒歩5分
・市バス「祇園」下車 徒歩すぐ
・阪急電車「河原町」下車 徒歩10分

【正式名称】
八坂神社 本殿(やさかじんじゃ ほんでん)
車椅子による見学 殿内不可
拝観・開館時間 9:00~16:00
料金 本殿特別拝観日(予定)
29年3月3日~3月12日(京都東山花灯路期間中)
大人    500円
中学生以下 300円
備考 駐車場 自家用車50台(有料)

関連情報

八坂神社 祭神は素戔嗚尊・櫛稲田姫命・八柱御子神。明治維新まで祇園社または感神院と称した。創祀は、諸説あるが社伝では斉明天皇2年(656)と伝えられ平安遷都がなされた延暦13(794)以前よりこの...