仁和寺 五重塔

内容概要

江戸時代建築の重要文化財建造物。寛永21(1644)完成。高さ約36m。東寺の五重塔と同じく、上層から下層にかけて各層の幅にあまり差が見られない姿が特徴的で、寛永期を代表する塔。「御室桜」と共に仁和寺のシンボルとなっている。

【正式名称】
仁和寺 五重塔(にんなじ ごじゅうのとう)

関連情報

仁和寺 真言宗御室派総本山。886年(仁和2)、光孝天皇の勅願により創建、888年(仁和4)に完成。年号を寺名とした。宇多天皇が落髪入寺し寺内に御室(御座所)を設け、御室御所とも呼ばれた。以後...