仁和寺 金堂

内容概要

桃山時代建築の国宝建造物。仁和寺の本尊である阿弥陀三尊を安置する御堂。慶長造営の御所内裏紫宸殿を賜って仏堂としたもので、現存最古の紫宸殿の遺構である。
堂内は四天王像や梵天像も安置され、壁面には浄土図などが極彩色で描かれている。

【正式名称】
仁和寺 金堂(にんなじ こんどう)

関連情報

仁和寺 真言宗御室派総本山。886年(仁和2)、光孝天皇の勅願により創建、888年(仁和4)に完成。年号を寺名とした。宇多天皇が落髪入寺し寺内に御室(御座所)を設け、御室御所とも呼ばれた。以後...