東福寺 東司

内容概要

東福寺にある室町時代建築の重要文化財建造物。禅堂内で修行する僧が使用する便所。室町時代の建築で、禅宗寺院便所の古い形式を伝えている。百雪隠と言われている。常時非公開
現存最古最大のもの。桁行7間、梁間4間、一重、切妻造本瓦葺。
東側面より内部を見学することは出来ます。

【正式名称】
東福寺 東司(とうふくじ とうす)

関連情報

東福寺 臨済宗東福寺派の本山。摂政九條道家が聖一国師を開山として菩提寺建立を発願、1236(嘉禎2)年4月2日(鎌倉時代)より19年の歳月をかけて1255年(建長7)に七堂伽藍を完成した。京都五...