東福寺 三門(国宝 三門)

内容概要

東福寺にある室町時代建築の国宝建造物。禅宗様(唐様)、和様、大仏様(天竺様)の建築様式を取り入れており、禅宗寺院としては最古最大最優の国宝である。楼上からは洛南一帯を一望できる。特別公開(現在は3/14、15、16、涅槃会に公開。)門は、五間三戸、二階二重門、入母屋造、本瓦葺、左右に階上へ行くための階段を覆う山廊をもつ。棟高は22m余、階上には壮麗な極彩色の世界がひらかれています。楼上内部は、二本の柱があるほかは広々として、須弥壇上に宝冠釈迦如来、十六羅漢像が安置されている。中世建築では珍しい一面の極彩色が明兆筆で描かれています。
別に、大涅槃図 明兆筆 紙本着色 応永15年(1408)
     8間×4間 法堂にて3/14~16涅槃会開帳 入場無料
仁王門(重文)南北朝/月華門(重文)鎌倉/六波羅門(重文)鎌倉/愛染堂(重文)室町/開山堂、普門院、(重文)普門院庭園江戸

【正式名称】
東福寺 三門(とうふくじ さんもん)
【通称名称】
国宝 三門(こくほう さんもん)
車椅子による見学 不可
拝観・開館時間 9:00~16:00
見学所要時間 約20分
休日・休館 通常非公開
料金 大人(高校生以上) 500円
小人(小・中学生) 300円
備考 3/14.15.16日~21日
9:00~16:00
拝観受付終了は15:30

関連情報

東福寺 臨済宗東福寺派の本山。摂政九條道家が聖一国師を開山として菩提寺建立を発願、1236(嘉禎2)年4月2日(鎌倉時代)より19年の歳月をかけて1255年(建長7)に七堂伽藍を完成した。京都五...