知恩院 小方丈

内容概要

寛永18(1641)年徳川家光により再建。大方丈の後方から歩廊でつながっており、上段の間、下段の間、雪中山水の間、羅漢の間など6つの部屋から成り立ちます。狩野派による襖絵が有名。各部屋の名前は、襖に描かれた水墨画によってそれぞれ名づけられています。大方丈と比べ水墨画で落ち着いた雰囲気に包まれています(重要文化財)

【正式名称】
知恩院 小方丈(ちおんいん こほうじょう)
予約方法 必要
備考 非公開

関連情報

知恩院 知恩院は、宗祖法然上人が1175(承安五)年、吉水の地に草庵を結ばれたことを起源とし、入寂された遺跡に建つ浄土宗の総本山。第二世源智上人により基礎が築かれ、徳川家康、秀忠、家光らの...