常寂光寺 塔婆(多宝塔)

内容概要

常寂光寺にある桃山時代建築の重要文化財建造物。本堂背後の山腹にあり、元和6年(1620)、京都町衆によって寄進されたと伝えられる。総高約12m、内部に釈迦、多宝二仏を安置するため、並尊閣とも呼ばれる。諸堂内部は常時非公開。

【正式名称】
常寂光寺 塔婆(多宝塔)(じょうじゃくこうじ とうば(たほうとう))
車椅子による見学 不可
拝観・開館時間 9:00~17:00
見学所要時間 約20分
備考 受付終了:16:30

関連情報

常寂光寺 慶長年間に本圀寺の日しん上人の穏退所を寺にした。紅葉の美しい小倉山の中腹にあり、常寂光土に遊ぶような風情があるとこの名がつけられた。高さ12メートル余の多宝塔(重文)が美しい。小...