北野天満宮 本殿、石の間、拝殿及び楽の間

内容概要

北野天満宮にある桃山時代建築の国宝建造物。中門を入ったところに南面して建つ社殿で、菅原道真公を主祭神とし、相殿に中将殿と吉祥女を祀る。建築様式は八棟造(権現造)で、本殿と拝殿を石の間で結び、左右に楽の間を付す。

【正式名称】
北野天満宮 本殿、石の間、拝殿及び楽の間(きたのてんまんぐう ほんでん、いしのま、はいでんおよびがくのま)
車椅子による見学 不可

関連情報

北野天満宮 「北野の天神さん」と親しまれている北野天満宮は、天暦元年(947)に創建され、平安時代に学者・政治家として活躍した菅原道真公をお祀りする全国に約一万社御鎮座する天神社・天満宮の宗祀(...