与謝蕪村

内容概要

江戸中期の俳人・画家。摂津(大阪府)生まれ。江戸に出て俳諧、画を学び、京都に移住。池大雅と並ぶ代表的な文人画家。また天明時代(1781-89)の中心的な俳人として、蕉風俳諧の復興を唱えた。左京区一乗寺の金福寺に同志らと芭蕉庵を再興。同寺に墓がある。1716(享保1)~1783(天明3)

【正式名称】
与謝蕪村(よさぶそん)

関連情報

金福寺 864年(貞観6)円仁(慈覚大師)の遺志を継ぎ、安恵僧都が創建。江戸中期に鉄舟和尚が再興し、現在は臨済宗南禅寺派。松尾芭蕉が鉄舟と親交を深めたという芭蕉庵は荒廃したが、のち与謝蕪村...
一乗寺 左京区にある地名。平安中期から中世にかけ一乗寺という天台宗の寺があった。これが地名の由来。縄文期の遺跡がここで発見されており、原住京都人が1万年も前からここに住んでいたことがうか...