山名宗全

内容概要

室町後期の武将。名は持豊。但馬(兵庫県)、備後(広島県)などの守護で、幕政の重職に就く。応仁の乱で西軍の主将として細川勝元と戦い、陣中で没。上京区堀川通上立売下ル西入の邸跡に山名町の名が残り、駒札。墓は左京区、南禅寺の真乗院遠碧軒。1404(応永11)~1473(文明5)

【正式名称】
山名宗全(やまなそうぜん)

関連情報

細川勝元 室町中期の武将。3度管領となる。将軍家の継嗣や畠山、斯波氏らの家督争いなどで山名宗全と対立、応仁の乱となった。乱では東軍の主将として、宗全が主将の西軍と戦ったが、決着がつかないう...
南禅寺 臨済宗南禅寺派の本山。1291年(正応4)亀山法皇の離宮を賜り、無関普門(大明国師)が開山。室町時代は隆盛を極め、「五山之上」に列せられた。応仁の乱で焼失した伽藍を‘黒衣の宰相’といわ...
堀川通 京都市街地中央部の南北幹線路。北は鴨川堤から南は下京区橋橘町までだが、五条通から南も堀川通と呼んで延び、油小路通とつながる。平安京の堀川小路に当たる。堀川をはさみ、東、西堀川通...
南禅寺(体験) ・坐禅(暁天坐禅) 毎月第2・第4日曜、朝6時から7時 (11月から3月までは朝6時30分から7時30分) (8月の第2・4、12月の第4、1月の第2日曜は休会) 坐禅のあと法話、無料 団体坐禅研修...