源頼政

内容概要

平安後期の武将。武勇にすぐれ、鵺(ぬえ)退治のエピソードがあり、歌人としても著名。平治の乱では初め源義朝に応じ、途中で平清盛に味方した。のちに以仁王の令旨で平氏追討の兵を挙げたが敗北、奈良へ向かう途中、平等院で戦死。平等院の「扇の芝」は自刃の地と伝わる。1104(長治1)~1180(治承4)

【正式名称】
源頼政(みなもとのよりまさ)

関連情報

平清盛 平安末期の武将・政治家。平忠盛の子。保元、平治の乱で他勢力を追い払い、太政大臣として平氏政権を確立。娘を高倉天皇の中宮に入内させるなど全盛を誇る。その後、各地で反平氏勢力が挙兵...