源融

内容概要

平安前期の公家。嵯峨天皇の第8皇子で、河原左大臣と称した。陽成天皇の讓位の折、帝位を望んだが、しりぞけられた。風雅を好み、鴨川西に邸宅の河原院を造営。宇治、嵯峨にも別荘を設け、そのあとは平等院、清凉寺となる。右京区、清涼寺境内および下京区、渉成園庭内に供養塔がある。822(弘仁13)~895(寛平7)

【正式名称】
源融(みなもとのとおる)

関連情報

嵯峨天皇 第52代。桓武天皇の第2皇子。在位の初め、薬子の変を乗り切り、蔵人所、検非違使などを設け、律令制を固めた。中国文化に目を向け、唐風文化を興隆。書にもすぐれ、空海、橘逸勢とともに三筆...
清凉寺 ‘嵯峨の釈迦堂’で知られる浄土宗の古刹。987年(寛和3)然(ちょうねん)が中国から帰国し、大清凉寺の建立を計画。没後、弟子の盛算が棲霞寺に、師が宋より請来の釈迦如来立像を安置した。...
渉成園 「お東さん」と京都市民に親しまれている東本願寺の庭園。周囲に枳殻(からたち)が植えてあったことから枳殻邸とも呼ばれている。平安時代初期、嵯峨天皇の皇子左大臣源融が奥州塩釜の風景...