本阿弥光悦

内容概要

桃山・江戸初期の芸術家。京都で刀剣の鑑定、とぎなどを家業とする本阿弥家の出身。寛永三筆の一人とされ、書や蒔絵、陶芸に独自の芸境を展開。角倉素庵らと優美な嵯峨本を出版。徳川家康から鷹峯の地を拝領し、一族、工匠らと移住、光悦村をつくる。墓は北区鷹峯光悦町、光悦寺。1558(永禄1)~1637(寛永14)

【正式名称】
本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)

関連情報

光悦寺 江戸初期の文化人・本阿弥光悦が1615年(元和1)徳川家康から与えられたこの地に草庵を結び、法華題目堂を建てたのが起こり。光悦の死後、寺(日蓮宗)となった。境内には、大虚庵など7つの...
徳川家康 江戸幕府の初代将軍。三河(愛知県)岡崎城主松平広忠の長男。豊臣秀吉の全国統一に尽力。関ヶ原合戦に勝ち、大坂冬夏の陣で豊臣氏を滅ぼし、天下を統一。京都では二条城を作り、東本願寺の...