法然

内容概要

平安末から鎌倉初期の僧。浄土宗の開祖。美作(岡山県)生まれ。比叡山で天台宗教学を修めたのち、専修念仏による浄土宗を開創、京都の東山吉水で布教。旧仏教側の敵視、加えて門弟に帰依した官女の出家事件で土佐(高知県)に流罪。赦免され京都に帰り、東山大谷で没。1133(長承2)~1212(建暦2)

【正式名称】
法然(ほうねん)