徳川家康

内容概要

江戸幕府の初代将軍。三河(愛知県)岡崎城主松平広忠の長男。豊臣秀吉の全国統一に尽力。関ヶ原合戦に勝ち、大坂冬夏の陣で豊臣氏を滅ぼし、天下を統一。京都では二条城を作り、東本願寺の創建を援助、知恩院の寺域拡大、諸堂建立に尽くした。1542(天文11)~1616(元和2)

【正式名称】
徳川家康(とくがわいえやす)

関連情報

豊臣秀吉 安土桃山期の武将。尾張(愛知県)生まれ。織田信長の家臣となり信長死後、全国統一。朝鮮半島の侵略に出兵。京都では聚楽第を建設。市中寺院の集中、御土居築造、新町割つくりなど京都改造...
知恩院 知恩院は、宗祖法然上人が1175(承安五)年、吉水の地に草庵を結ばれたことを起源とし、入寂された遺跡に建つ浄土宗の総本山。第二世源智上人により基礎が築かれ、徳川家康、秀忠、家光らの...
東本願寺 真宗大谷派の本山で「お東さん」の名称で親しまれている。1602(慶長7)年に第12代教如上人が徳川家康からこの地の寄進を受け、建立した。京都三大門のひとつに数えられる御影堂門をくぐると...
二条城 1603年(慶長8)徳川家康が造営、3代家光が増築を行い1626年(寛永3)に現在の規模になる。東西約500メートル、南北約400メートルに塁を築き堀をめぐらす。1867年(慶応3)15代慶喜が大政奉...