道元

内容概要

鎌倉期の禅僧。日本曹洞宗開祖。京都生まれ。父は内大臣久我通親。比叡山で修学後、建仁寺に入る。入宋し、天童山の長翁如浄に参じて得悟。帰国後、建仁寺から深草の安養院を経て観音導利院(興聖寺)を開く。波多野義重の招きで、越前(福井県)に移り、永平寺を開創。病気で京都に入り、没。著書に『正法眼蔵』など。東山区の西行庵南隣に荼毘所跡の石塔。墓は永平寺。1200(正治2)~1253(建長5)

【正式名称】
道元(どうげん)

関連情報

建仁寺 臨済宗建仁寺派の大本山。1202年(建仁2)栄西禅師が建立した京都最初の禅寺。1586年(天正14)ごろ、安国寺恵瓊により再興され、五山第3位の格式を持った。勅使門(重文)は、銅板葺、切妻...
深草 伏見区の北部、稲荷山の西南ふもとに広がる地域の名。多くの古墳が発掘されるなど古代から開けていた。小野小町の恋人、深草少将ゆかりの地でもある。近郷農村地帯だったが、1907年(明治40...