千利休

内容概要

安土桃山期の茶道大成者。堺生まれ。北向道陳、武野紹鴎らに茶の湯を学び、織田信長、豊臣秀吉に仕えた。秀吉の関白拝賀の禁中茶会で、正親町天皇から居士号を賜った。秀吉の北野大茶会の茶頭として尽力。大徳寺に寄進した三門の上層に安置されていた利休像が秀吉の怒りを買い、自刃したと伝わる。墓は大徳寺塔頭聚光院。1522(大永2)~1591(天正19)

【正式名称】
千利休(せんのりきゅう)

関連情報

織田信長 戦国大名。尾張(愛知県)、美濃(岐阜県)で勢力を張り、足利義昭を奉じて入京。義昭を将軍職にし、のちに追放。京都では禁裏を修復したが、上京を焼き打ち。中国地方へ出陣のため入京、止...
豊臣秀吉 安土桃山期の武将。尾張(愛知県)生まれ。織田信長の家臣となり信長死後、全国統一。朝鮮半島の侵略に出兵。京都では聚楽第を建設。市中寺院の集中、御土居築造、新町割つくりなど京都改造...
大徳寺 臨済宗大徳寺派の大本山で龍宝山と号する。鎌倉時代末期の正和4年(1315)に大燈国師宗峰妙超が開創。室町時代には応仁の乱で荒廃したが、一休和尚が復興。桃山時代には豊臣秀吉が織田信長の...
茶道 安土桃山時代、千利休(1522-91・大永2~天正19)が京で初めて茶の道を確立した。現在市内には、利休の流れをくむ表千家(不審菴)、裏千家(今日庵)、武者小路千家(官休庵)の三千家が上...
北野大茶会 豊臣秀吉が1587年(天正15)10月1日、北野天満宮境内で九州平定と聚楽第の竣工を祝って催した大茶会。この日秀吉みずから亭主をつとめるなど、1000人以上の参会者で賑わい、諸家の茶席に秘蔵...