菅原道真

内容概要

平安前期の公卿・学者。文章博士、蔵人頭、参議となる。その進言で遣唐使は停廃。右大臣となるが、藤原時平により大宰権帥に左遷され、その地で没。怨霊のたたりが恐れられ、天満天神として祭られ、現在の北野天満宮となる。学問の神とされる。845(承和12)~903(延喜3)

【正式名称】
菅原道真(すがわらのみちざね)

関連情報

北野天満宮 「北野の天神さん」と親しまれている北野天満宮は、天暦元年(947)に創建され、平安時代に学者・政治家として活躍した菅原道真公をお祀りする全国に約一万社御鎮座する天神社・天満宮の宗祀(...
北野 上京区北西部、北野天満宮付近の地名。洛北七野の一つ。平安遷都後は天皇の遊猟地とされた。菅原道真を祭る北野社が創建されてより神社と共に発展した。1587年(天正15)豊臣秀吉の行った北...