親鸞

内容概要

鎌倉初期の僧。浄土真宗の開祖。京都生まれで日野有範の子。9歳で出家し、比叡山で修学。のち法然の門弟となり、専修念仏に入る。法然の流罪に連座、越後(新潟県)に流され、のち常陸(茨城県)に移住し、20年間布教。京都に帰り、『教行信証』の完成など多く著述。東山区に西大谷、東大谷の両廟所がある。1173(承安3)~1262(弘長2)

【正式名称】
親鸞(しんらん)

関連情報

東大谷 浄土真宗の宗祖親鸞聖人の墓所であり、真宗大谷派(東本願寺)の飛地境内地。起源は1272(文永9)年それまでの祖墳を改め、東山大谷の地に、廟堂が建てられたことによる。その後変遷を経て江戸...
法然 平安末から鎌倉初期の僧。浄土宗の開祖。美作(岡山県)生まれ。比叡山で天台宗教学を修めたのち、専修念仏による浄土宗を開創、京都の東山吉水で布教。旧仏教側の敵視、加えて門弟に帰依し...
西大谷 浄土真宗本願寺派(西本願寺)宗祖・親鸞聖人の廟所(祖壇)。徳川幕府の命により1603(慶長8)年、現在の東山五条に移転。明著堂、佛殿(本堂)、無量寿堂、総門などの建物が並び、参道正面...