後醍醐天皇

内容概要

第96代。後宇多天皇の第2皇子。討幕を2度企て失敗し、笠置山へ逃れたが、隠岐へ配流。脱出し、鎌倉幕府滅亡で帰京、建武新政を行う。しかし、足利尊氏がそむき、神器を光明天皇に譲り、吉野に移り南朝を樹立。京都奪回を企てたが成功せず、没。陵墓は吉野山の塔尾陵。1288(正応1)~1339(延元4・)

【正式名称】
後醍醐天皇(ごだいごてんのう)

関連情報

足利尊氏 室町幕府初代の将軍。元弘の乱で鎌倉幕府軍として京都入り。丹波篠村八幡宮(亀岡市)で幕府に反旗を掲げ、六波羅探題を滅ぼす。やがて、建武新政にそむき、九州へ敗走後、再び京都へ入り、...