建礼門院

内容概要

高倉天皇の中宮。平清盛の娘。安徳天皇の生母。平氏とともに都落ちし、壇の浦の合戦で入水、助けられ帰京。長楽寺の僧を戒師に出家。大原の寂光院に隠棲。後白河法皇の訪問は『平家物語』の“大原御幸”で名高い。陵墓は寂光院南の大原西陵。1155(久寿2)~1213(建保1)

【正式名称】
建礼門院(けんれいもんいん)

関連情報

平清盛 平安末期の武将・政治家。平忠盛の子。保元、平治の乱で他勢力を追い払い、太政大臣として平氏政権を確立。娘を高倉天皇の中宮に入内させるなど全盛を誇る。その後、各地で反平氏勢力が挙兵...
寂光院 594年(推古2)聖徳太子の創建と伝える。初代は聖徳太子の乳人玉照姫である。平家滅亡後の1185年(文治1)平清盛の娘 建礼門院が入寺、仏門の生涯を送った。旧本堂は桃山時代の様式からなり...
長楽寺 805年(延暦24)最澄(伝教大師)が創建、天台宗に属したが室町初期に国阿上人が時宗に改宗。建礼門院が平家滅亡後、この寺で落飾した。安徳天皇の御衣で作った仏幡などの寺宝を展示(現物は...
平家物語 鎌倉初期の軍記物語。中世文学の代表作品。冒頭の「祇園精舎の鐘の声」で有名。成立年代・作者とも不詳。治承・寿永年間(1177~85)の源平動乱と仏教的無常観を基底に、平家滅亡を叙事詩的...
大原 左京区の北東部、八瀬北方にある都心から15キロの山間部一帯の地名。大原女、風光の美などで有名。特に観光客が多い。平安初期の僧・円仁がこの地を根本道場とし、魚山大原(たいげん)寺を...