木曽義仲

内容概要

平安末期の武将。源義賢の2男で、父が殺されたのち信濃(長野県)木曽谷で育つ。以仁王の令旨で挙兵、平氏を討って入京。源頼朝、平氏と並び全国を三分したが、後白河法皇と反目し、源義経らの軍に追われ、近江(滋賀県)粟津で戦死。東山区、京都霊山護国神社参道の、東大路東入にある朝日塚がその首塚という。墓は大津市、義仲寺。1154(久寿1)~1184(元暦1)

【正式名称】
木曽義仲(きそよしなか)

関連情報

京都霊山護国神社 幕末の動乱期に活躍した維新の志士たちを奉祀すべく、明治元年に「霊山官祭招魂社」として全国で初めて創立された。昭和14年京都霊山護国神社と改称。境内には坂本龍馬、中岡慎太郎、桂小五...
源義経 平安末期の武将。源義朝の9男で、幼名牛若丸。平治の乱後に捕われたが助命され鞍馬寺に入る。奥州に赴き、兄源頼朝の挙兵に応じ、木曽義仲、平氏を討つ。その後、頼朝と対立。奥州衣川で敗死...
源頼朝 鎌倉幕府初代将軍。源義朝の3男。平治の乱で捕えられ、伊豆に配流。以仁王の令旨で平氏打倒の挙兵。源義経らの奮戦で木曾義仲、平氏を滅した。反目した義経の追捕を理由に諸国に守護、地頭を...