石川丈山

内容概要

江戸前期の武士・漢詩人。三河(愛知県)生まれ。徳川家に仕えたが、大坂夏の陣後に武士を退き、京都に入り、洛北一乗寺に住む。住居に漢から宋までの詩人36人の画像を掲げたため詩仙堂という。隷書や築庭にもすぐれ、著作に漢詩集『覆醤集』などがある。1583(天正11)~1672(寛文12)

【正式名称】
石川丈山(いしかわじょうざん)

関連情報

一乗寺 左京区にある地名。平安中期から中世にかけ一乗寺という天台宗の寺があった。これが地名の由来。縄文期の遺跡がここで発見されており、原住京都人が1万年も前からここに住んでいたことがうか...