在原業平

内容概要

平安前期の歌人。六歌仙・三十六歌仙の一人。平城天皇皇子阿保親王の子、母は桓武天皇皇女伊都内親王。在原朝臣の姓を賜り、近衛中将で、在中将・在五中将と称す。しかし才気がありながら政治的に不遇。美男で「伊勢物語」の主人公に目される。晩年は西京区大原野小塩町の十輪寺に隠棲、境内に宝篋印塔など。825(天長2)~880(元慶4)

【正式名称】
在原業平(ありわらのなりひら)

関連情報

桓武天皇 第50代。光仁天皇の第1皇子。45歳で即位し、26年間在位。現実的な政策を展開したが、特に長岡京の造営から平安京への遷都を成した。蝦夷平定に力を注いだほか、地方政治振興、勅旨田(ちょく...
十輪寺 天台の古刹。850年(嘉祥3)文徳天皇が染殿皇后の安産祈願のため伝教大師作の延命地蔵を安置したのが起こり。在原業平晩年閑居され、塩焼きの風情を楽しんだと言う、塩がまの旧跡と宝篋印塔...
大原野 西京区大原野。大枝の南、向日市の西に広がる台地の地名。北東部は洛西ニュータウン(274ヘクタール、1万1千戸)として開発された。古代から開けた土地柄、万葉期からの由緒が多く古跡行脚に...