足利義満

内容概要

室町幕府3代将軍。南北朝合一を成し、各地の強力守護を制圧し、幕府権力を固めた。明と国交を開き、貿易を振興。将軍職を退いても太政大臣として実権を握る。相国寺を創建。造営した北山殿(金閣寺・鹿苑寺)で没。菩提所は北区、等持院。1358(延文33)~1408(応永15)

【正式名称】
足利義満(あしかがよしみつ)

関連情報

相国寺 臨済宗相国寺派大本山。足利義満が創建を発願、1392年(明徳3)に完成、夢窓国師を開山とした。山内に禅宗寺院を統制管理する僧録司を置き、禅宗行政の中心的存在であったが、失火で炎上、5...
等持院 足利将軍家の菩提寺。暦応4年(1341)年足利尊氏が等持寺の別院として夢窓国師を開山として創建。尊氏の死後、その墓所となり、等持院と改めた。庭園は東西に分かれ、西の庭は芙蓉池と...
金閣寺 臨済宗相国寺派。1397年(応永4)足利義満が建立。金閣は宝形造りの三層殿閣で、1950年(昭和25)放火で焼け、1955年(昭和30)再建された。庭は池泉回遊式庭園(特別名勝・特別史跡)であり...