足利尊氏

内容概要

室町幕府初代の将軍。元弘の乱で鎌倉幕府軍として京都入り。丹波篠村八幡宮(亀岡市)で幕府に反旗を掲げ、六波羅探題を滅ぼす。やがて、建武新政にそむき、九州へ敗走後、再び京都へ入り、室町幕府を開く。天龍寺を創建。京都で没し、菩提所は北区、等持院。1305(嘉元3)~1358(延文3)

【正式名称】
足利尊氏(あしかがたかうじ)

関連情報

天龍寺 臨済宗天龍寺派の大本山。足利尊氏が後醍醐天皇の霊を慰めるため、1339年(暦応2)夢窓国師を開山として創建。室町時代には京都五山の第一位を占めた。創建以来八度にわたる大火で創建当時の...
等持院 足利将軍家の菩提寺。暦応4年(1341)年足利尊氏が等持寺の別院として夢窓国師を開山として創建。尊氏の死後、その墓所となり、等持院と改めた。庭園は東西に分かれ、西の庭は芙蓉池と...
天龍寺(体験) ・坐禅  天龍坐禅会 -毎月第2日曜 午前9時~10時    無料(予約は不要)坐禅終了後、天龍寺管長佐々木容道老師より1時間提唱(法話)があります。(無料)         坐禅体...