藤森祭・駈馬神事

内容概要

5月1日~5月5日、藤森祭。別名深草祭とも呼ばれ貞観5(863)年摂政藤原良房が天皇の長寿と国家の安穏を祈念し、清和天皇臨幸のもと始められた祭事。5月5日の13時と15時には迫力満点のアクロバット的な駈馬の神事が見られる。また、境内にて3基の神輿とともに甲冑に身をつつんだ武者行列が氏子区域を巡る。JR/藤森駅、徒歩5分又は京阪/墨染駅、徒歩7分。問合先:藤森神社075-641-1045。見学自由。
車椅子による見学:不可
※5月1日~5月5日は駐車場なし

【正式名称】
藤森祭・駈馬神事(ふじのもりまつり・かけうましんじ)
地図表示
備考 参拝自由
5月5日駈馬神事は、
 13:00~14:00
 15:00~16:00 の2回

周辺情報

欣浄寺  清凉山(せいりょうざん)と号する曹洞宗の寺院である。

 寺伝によれば寛喜2年(1230)から天福元年(1233)まで道元(どうげん)禅師がこの地で教化に努め、当寺を創建した...
西岸寺  ここはもと関白藤原忠通(ただみち)が建てたと伝えられる法性寺小御堂(ほうしょうじこみどう)のあったところで、忠通の子九条兼実(かねざね)もことのほかこの地を愛したので花園御殿...
藤森神社  素盞鳴命(すさのうのみこと)を主神とし、あわせて神功(じんぐう)皇后、日本武尊(やまとたけるのみこと)など十二柱に及ぶ神々を奉祀し、洛南深草の産土神として崇敬されている古社で...
欣浄寺 曹洞宗。日本曹洞宗の開祖道元が開いたとも伝える。本尊は「伏見の大仏」で知られる丈六の大仏。寺地は、深草少将の邸宅跡といわれ、境内に少将塚、小町塚、深草少将姿見の井戸(涙の水とも...
藤森神社 平安期以前、神功皇后が軍旗を樹て兵具を納め塚を造り神まつりしたのが始まりと伝える。桓武天皇も平安京遷都に際し、弓兵政所とした。5月5日の「藤森祭」は、朝からみこし3基が氏子(区域)...
藤森神社 紫陽花苑 開苑期間は6月上旬より約1ヶ月(開花状況により変化)紫陽花苑は境内2ヶ所1,500坪に約3,500株、色とりどりの紫陽花が咲く。期間中の土日には蹴鞠や太鼓、雅楽などの奉納行事がある。
秋季大祭並火焚祭 11月5日、藤森神社。氏子より奉納された各家々の火焚木を焼納し、1年間の家内安全・無病息災を祈願する。JR/藤森駅、徒歩5分又は京阪/墨染駅、徒歩7分。問合せ先:藤森神社075-641-1045。見...
師団街道 下京区の塩小路橋東詰から琵琶湖疏水西岸に沿って南下し伏見区京町通に続く道。1945年(昭和20)8月終戦までの俗称。1905年(明治38)日露戦争中、深草に第16師団設置で兵舎、兵器支廠などが...
藤森神社宝物殿 平成元年開館した宝物館には奉納された古武具が収納され、その内約100点を展示している。展示室には各種の火縄銃、馬上銃、大筒や銃身が9本もある特殊な銃など、鎧は重要文化財の紫絲威大鎧...
京都市青少年科学センター 楽しみながら「科学する心」を育む施設。展示品や標本の多くは、入館者が体験を通じて学ぶことができるようセンター所員が開発している。プラネタリウムでは季節の星座や最新の天文情報を盛...
墨染ショッピング街 昭和53年に設立。翌年に街路灯をつくり、昭和59年には統一看板を設置。疏水を境に東西がほぼ半分に分かれ、良い意味での競合が起こっている。周辺には、伏見桃山城がある。
紫陽花苑の公開 境内2カ所の紫陽花苑にて、色とりどりの紫陽花が咲き誇ります。期間中には、けまり奉納や太鼓、雅楽などの奉納行事があります。
★紫陽花祭
期日:平成29年6月15日(木)10時~
★けまり奉...