春華の宴

内容概要

3月11日~20日、しょうざん北庭園で、咲き頃をうかがう白梅・紅梅を愛でる会を開催します。お茶席では舞妓によるお点前や接待の他、舞妓と一緒に写真を撮ることもできます。通常非公開の迎賓館「峰玉亭」での、きもの展示会や食事がセットになった雅びな催しです。
お料理は、モダンなイス席レストラン「紙屋川」での「春御膳」や料亭「千寿閣」での「春会席」の他、園内のチャイニーズレストラン「楼蘭」のコースから選べます。またその他に夜の会席「華会席」と小風呂敷の友禅型染体験の付いた特別コースもあります。

6月3日~11日 華しょうぶの会
初夏の薫り漂うしょうざん北庭園にて、艶やかに咲き誇る華しょうぶを愛でる会。庭園見学とお食事、呈茶の他、通常非公開の迎賓館「峰玉亭」での聞香体験か竜安寺の特別拝観(予めお選び頂きます)が楽しめます。

市バス/北木ノ畑町(きたこのはたちょう)下車 徒歩3分
問合先:しょうざん075-491-5101。有料。

Http://www.shozan.co.jp/

【正式名称】
春華の宴(しゅんかのえん)
地図表示

周辺情報

光悦寺  大虚山(たいきょざん)と号する日蓮宗の寺である。  当地は、元和元年(1615)徳川家康によりこの地を与えられた本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が、一族、工匠等と移り住み、芸術...
源光庵  鷹峰山(ようほうざん)と号する曹洞宗の寺である。  当寺は、貞和2年(1346)大徳寺の徹翁義享(てつとうぎこう)によって創建され、当初臨済宗に属していたが、元禄7年(169...
光悦寺 江戸初期の文化人・本阿弥光悦が1615年(元和1)徳川家康から与えられたこの地に草庵を結び、法華題目堂を建てたのが起こり。光悦の死後、寺(日蓮宗)となった。境内には、大虚庵など7つの...
しょうざんリゾート京都 光悦寺の南西、紙屋川(かみやがわ)ぞいの史跡御土居(しせきおどい)に隣接した広大な敷地内には、有料の北庭のほか、山野草や盆栽の展示販売がある茶花園、体験工房では友禅染めの型染体...
しょうざん庭園 北山台杉と紀州青石とを贅沢に使い、梅や楓を巧みに配した北庭園は、自然と人工とが見事に調和を見せる変化に富んだ造りで、台杉の林をそぞろに歩くことができる回遊式庭園です。庭園内には...
光悦寺庭園 光悦寺は本阿弥光悦晩年の居。参道は鷹ヶ峰の山並みを背後に控える。茶室大虚庵を囲むユニークな竹垣は「光悦垣」と呼ばれる。