鷺森神社例祭(さんよれ祭)

内容概要

5月4~5日、鷺森神社。4日に宵宮祭、5日に神幸祭が行なわれる。神幸列では、管笠・紅だすき姿の小学3年生の男子が手に扇子を持ち、鐘や太鼓の囃にあわせて「さんよれ、さんよれ」という掛け声で神輿の前を歩く。また、拝殿では舞楽の奉納が行われる。市バス/修学院道、徒歩10分。問合先:鷺森神社075-781-6391。見学自由。

【正式名称】
鷺森神社例祭(さぎのもりじんじゃれいさい)
【通称名称】
さんよれ祭(さんよれさい)
地図表示
備考 終日参拝可。
参拝者用駐車場有り(5台、無料)。

周辺情報

圓光寺  瑞厳山(ずいげんざん)と号し、臨済宗南禅寺派に属する。慶長6年(1601)に徳川家康が下野足利(しもつけあしかが)学校を伏見指月(しげつ)に移し、その第九世元佶三要(げんきつ...
林丘寺  聖明山と号し、臨済宗天龍寺派の門跡尼院である。延宝8年(1680)後水尾法皇の遺勅により建立された。法皇の皇女光子内親王(元瑤尼)が住持されてより林丘寺宮と称し、また音羽御所...
鷲尾家雑掌宅跡  当田辺家は元禄年間より雑掌として鷲尾家に仕えていた。

 室町時代に「二水記」を著した公家の鷲尾隆康の後裔、鷲尾家は一乗寺村に家領を有し、当家にその管理をさせていたほか、納米の...
曼殊院  天台宗の門跡寺院である。最澄の開基で、はじめ比叡山西塔にあって東尾(とうび)坊と称し、天暦元年(947)是算(ぜさん)の時、北野天満宮が造営されるとその別当寺となり明治に至っ...
鷺森神社 貞観年間(859-77)創建と伝えられ、もと修学院離宮地にあったのを元禄年間(1688-1704)に現在地に遷座。スサノオノミコトを祀り、修学院、山端地区の産土神である。また境内には触れると夫...
曼殊院 「小さな桂離宮」ともいわれ桂離宮を創始された八条宮智仁親王の皇子良尚法親が1656年、現在地に移された。そのためそこかしこに桂離宮と通うものがある。明治維新まで北野天満宮の別当(管...
圓光寺 左京区一乗寺小谷町。1601年(慶長6)徳川家康公は文治政策として閑室元佶(かんしつげんきつ)師を招いて伏見に学問所を開いたのに始まり、圓光寺版と呼ぶ図書も出版、当時の木活字(重文)...
林丘寺 左京区修学院林ノ脇。江戸時代初期に創建された臨済宗の門跡尼寺。後水尾天皇が皇女光子内親王(照山元瑶)に修学院離宮の楽只軒を与えてらにした。以来内親王の入寺が続き、音羽御所とも。...
曼殊院庭園 曼殊院の庭園は和歌の持っているリズムを感じさせる典雅で文化的な庭園。青石の豪快な石橋の傍らの立石は枯滝を象徴。舟縁をイメージした小書院縁先の欄干は独特で、此岸から彼岸へわたる船...