千日詣り(千日参り)

内容概要

7月31日夜、愛宕山頂の愛宕神社。千日通夜祭ともいう。この夜から8月1日未明にかけて参拝すると千日間の功徳を得るとされる。全国からの信者でにぎわう。3歳までの子どもが参ると、その子は一生火難から免れる徳を得るといわれ、子供連れの参拝者も目立つ。(3歳参りは千日詣には限りません。春(4月5月)や秋(10月11月)が多い。)京都バス清滝下車4.5キロ。問合先:愛宕神社 075-861-0658

○交通案内:7月31日午後7時~午後12時まで京福嵐山駅前より山      麓「清滝」までバス10分間隔運転あり。
○駐車場情報:自家用車(約100台)
7月31日早朝以降満車。数時間待ちを要する。
      大型バス不可(山麓にあるため)
      *千日詣り当夜は臨時に150台分あり
○車椅子による見学:不可能 山頂(924m)の為

【正式名称】
千日詣り(せんにちまいり)
【通称名称】
千日参り(せんにちまいり)
地図表示
備考 ※正式な参拝時間:7月31日PM6:00~8月1日AM5:00頃
祭典時間:7月31日PM9:00~9:40頃8月1日AM2:00~2:40頃

関連情報

愛宕神社 大宝年間(701~704)役小角が泰澄と共に神廟を造立したのが始まり。天応元年(781)勅命を受けた和気清麻呂が慶俊僧都と力をあわせ、王城鎮護の社として中興した。「火伏せ(防火・鎮火)」の神と...
愛宕山 右京区嵯峨愛宕町と北桑田郡京北町の境にある山。標高924メートル。丹波山地で突出した硬岩からなる残丘。山頂には火難除けの信仰が厚い愛宕神社があり、山腹には月輪寺、空也の滝がある。登...

周辺情報

愛宕神社 大宝年間(701~704)役小角が泰澄と共に神廟を造立したのが始まり。天応元年(781)勅命を受けた和気清麻呂が慶俊僧都と力をあわせ、王城鎮護の社として中興した。「火伏せ(防火・鎮火)」の神と...