お煤払い

内容概要

毎年12月20日、東・西本願寺。「お煤払い」(おすすはらい)といい、本願寺の大掃除。御影堂と阿弥陀堂にたまった1年間のほこりを払う。室町時代、蓮如上人の時代から始まったといわれる迎春行事。僧侶や門信徒が古式に習い、数百畳の堂内のほこりを払う。堂内では門信徒が横一列に並び、すす竹で畳をたたきながら進む。
問合せ:東本願寺 075-371-9181
    西本願寺 075-371-5181

【正式名称】
お煤払い(おすすはらい)

関連情報

宗教法人 本願寺 浄土真宗本願寺派の本山。1272年(文永9)宗祖・親鸞聖人の末娘覚信尼が京都の東山大谷に建立した廟堂に始まる。第3代覚如上人のときに本願寺と公称。第8代蓮如上人の尽力により大教団に発展...
蓮如 室町中期の僧。本願寺8世で、浄土真宗中興の祖。比叡山の衆徒により京都東山の大谷廟堂が破却され、越前(福井県)吉崎に坊舎を建て移った。多くの御文(おふみ)をつくり、北陸、東海、東国...
真宗本廟 真宗大谷派の本山で「お東さん」の名称で親しまれている。1602(慶長7)年に第12代教如上人が徳川家康からこの地の寄進を受け、建立した。京都三大門のひとつに数えられる御影堂門をくぐると...