志明院大祭(石楠花祭)

内容概要

4月29日、志明院。同寺の大法要だが、この時期、境内のシャクナゲが満開になるのでこの名がついた。山伏姿の男女行者らが錫杖を手に般若心経を唱える中、住職が柴灯大護摩に護摩木を投じる。残り炭がくすぶる中を、住職を先頭に信者や一般参拝者が無病息災を祈ってはだしで渡る。もくもく号岩屋橋1.2キロ。問合先:志明院 075-406-2061

【正式名称】
志明院大祭(しみょういんたいさい)
【通称名称】
石楠花祭(しゃくなげさい)
地図表示
備考 ※冬期は16:30まで

車椅子不可

関連情報

志明院 当山は650年(白雉元年)役の行者が草創。829年(天長6年)弘法大師が、淳和天皇の叡願により再興、本尊不動明王は淳和天皇の勅願に依り弘法大師の直作と伝えられ、根本中院本尊眼力不動明王...

周辺情報

志明院(金光峯寺)  岩屋山と号し、真言宗単立寺院である。一般に岩屋不動(いわやふどう)と呼ばれている。寺伝によれば、白雉(はくち)元年(650)に役行者(えんのぎょうじゃ)が創建し、のち、天長6...
志明院 当山は650年(白雉元年)役の行者が草創。829年(天長6年)弘法大師が、淳和天皇の叡願により再興、本尊不動明王は淳和天皇の勅願に依り弘法大師の直作と伝えられ、根本中院本尊眼力不動明王...