葵祭御禊神事

内容概要

5月吉日、下鴨神社、上賀茂神社の両神社が一年交替で行う葵祭前の儀式の一つ。一般市民から選ばれた斎王代、女人列など行列に参加する人たちが、御手洗川に両手をひたして身を清め、人形(ひとがた)を流して罪・けがれを祓う。見学自由。
問合先:下鴨神社/上賀茂神社 075-781-0010/075-781-0011

【正式名称】
葵祭御禊神事(あおいまつりみそぎしんじ)

年間行事

葵祭 5月15日、下鴨神社、上賀茂神社の例祭。正しくは、賀茂祭。祇園祭、時代祭と共に京都三大祭の一つ。平安朝の優美な古典行列が見もの。行列のすべてに葵の葉が飾られるので、その名がある。午...

関連情報

上賀茂神社 御祭神は賀茂別雷神で、神代の昔、本殿の北北西にある神山(こうやま)に御降臨になり、天武天皇の御代現在の地に社殿造営。厄除、八方除、電気の守り神、必勝の神として信仰を集めている。...
下鴨神社 平安期以前の創祀で京最古の社の一つで山城国一の宮と崇められ、国事を祈願し、国民の平安を祈る神社として「賀茂斎院の制」「式年遷宮の制」等が定められた。祭神は賀茂建角身命と玉依媛命...
御手洗川 現在は明神川と称するが、古くは御手洗川の名で知られる。北区上賀茂を流れる賀茂川(鴨川)の分水。上賀茂神社の社殿の背を回り、御物忌川、楢の小川と名を変え、境内を出て再び明神川とな...