大田神社(駒札)

内容概要

 古くは恩多社(おんたしゃ)と呼ばれたこともあり、上賀茂神社の攝社である。祭神には天鈿女命(あめのうずめみこと)と猿田彦命(さるたひこのみこと)を祀っており、延喜(えんぎ)式内の古社で、この付近の沼沢池を開墾して栄えた賀茂氏の崇敬をうけた神社である。  右方東側の沢地を「大田の沢(おおたのさわ)」といい、野生のかきつばたが美しい。藤原俊成(しゅんぜい)卿の古歌に  神山や大田の沢のかきつばた  ふかきたのみは 色にみゆらむ と詠われ、平安時代からこの付近の沢地にはかきつばたが咲きみだれて、名勝となっていたようである。今日でも5月中旬頃には、濃紫、鮮紫の花が美しく咲く。このかきつばたの群落は現在天然記念物に指定されている。  例祭は4月10日と11月10日である。北区上賀茂本山

【正式名称】
大田神社
【住所】
上賀茂本山340
地図表示

周辺情報

大田神社 上賀茂神社の摂社で天鈿女命(あめのうずめのみこと)をまつる。境内の大田の沢にはカキツバタの野生群落(天然記念物)があり、藤原俊成の歌にもよまれ、すでに平安時代には有名であった。5...
上賀茂やすらい祭 5月15日、大田神社。国の重要無形民俗文化財に指定。北区上賀茂岡本町・やすらい堂を午前11時に出発→大田神社→上賀茂神社→藤ノ木社などを巡行してやすらい堂に戻る。その道中で「いんやす...
藤木社 上賀茂神社の境外末社で、瀬織津姫神を祭神とする。明神川沿いに佇む小祠で、樹齢500年といわれる古木の下に祀られている。
上賀茂伝統的建造物群保存地区 上賀茂は、平安京の地主神である上賀茂神社を中心に、神官(社司と氏人)と農民によって門前集落が形成され、室町時代から神官の屋敷町として発展してきた。神社の境内から流れ出る明神川に...
愛染倉 およそ300年前江戸時代建造の酒蔵。石段を登ると京都市内を一望できる明治13年造りの数寄屋講堂造りの茶室。さらに竹林を抜ければ江戸末期建造の飛騨高山にあった庄屋造り木の様式美、大正ロマ...
西村家庭園 上賀茂神社の歴代社家の庭を明治20年代に西村家が所有。庭は平安後期の作で面積1300平方メートル(市指定名勝)。近くの明神川から導水、庭内の川、池をめぐらせ、古木と相まって古い社家...