引接寺(千本えんま堂)(駒札)

内容概要

光明山歓喜院引接寺とごうする寺院で、本尊として閻魔法王を祀り、一般に「千本ゑんま堂」の名で親しまれている。 開基は小野篁卿(八〇二~八五三)で、あの世とこの世を往来する神通力を有し、昼は宮中に、夜は閻魔之廟に使えたと伝えられ、朱雀大路頭に閻魔法王を安置したことに始まる。 その後、寛仁元年(一四八八)に造立されたもので、高さは二、四メートルある。篁卿は「お精霊迎え」の法儀を授かり、塔婆供養と迎え鐘によって、この世を現世浄化の根本道場とした。以降、宗旨・宗派を問わない民間信仰が続いている。 五月に行われる千本ゑんま堂大念仏狂言は、京都三大念仏狂言のうち唯一の有限劇で、京都市無形民俗文化財に指定されている。 名桜「普賢像桜」は咲いた時に双葉を持ち、花冠のまま落ちる珍しい桜である。往時、この地に桜が千本あったことと、精霊供養の「千本卒塔婆」に由来して、「千本」という地名が生まれたと言われている。 また圓阿上人が至徳三年(一三八六)に建立した紫式部供養塔は、貴重な十層の多重石塔で、国の重要文化財に指定されている。

【正式名称】
引接寺(千本えんま堂)
【住所】
千本通廬山寺上る閻魔前町
地図表示

周辺情報

五辻殿跡 五辻殿は,後(ご)鳥羽(とば)上皇(一一八〇~一二三九)の院御所(退位した天皇の住まい)として,元久(げんきゅう)元年(一二〇四)から使用された邸宅であり,「三(さん)長記(ちょうき)」...
石像寺(釘抜地蔵)  正しくは家隆山光明遍照院(かりゅうざんこうみょうへんしょういん)石像寺と写し、俗に「釘抜地蔵」ともいう。弘法大使の開基と伝え、もと真言宗であったが、重源(ちょうげん)上人が中...
称念寺(猫寺)  本空山(ほんくうざん)と号し、浄土宗知恩院派に属する。慶長11年(1606)茨城県土浦(つちうら)城主松平伊豆守信吉(いずのかみのぶよし)が師僧嶽誉(がくよ)上人のために建立...
大報恩寺(千本釈迦堂)  瑞応(ずいおう)山と号する真言宗智山派の寺院で、千本釈迦堂の名で知られている。

 承久3年(1221)義空(ぎくう)上人が、藤原光隆(みつたか)の臣、岸高より寄進を受けたこの...
上品蓮台寺  蓮華金宝山九品三昧院と号する真言宗智山派の寺である。  寺伝によれば、当寺は、聖徳太子の創建と伝え、当初香隆寺(こうりゅうじ)と称したが、天徳4年(960)宇多法皇の勅願によ...
建勲神社  織田信長を祀る神社で、通称「けんくんじんじゃ」とも呼ばれる。  天下を統一した信長の偉勲を称え、明治2年(1869)明治天皇により創建された。同8年(1875)別格官幣社に列...
池大雅の墓所  当寺、浄土宗浄光寺の境内墓地に、江戸時代文人画の大家池大雅の墓がある。墓は碑面に「故東山画隠大雅池君墓」と二行に記し、側面に淡海竺常(たんかいじくじょう)の撰文になる銘文を刻...
岩上神社  伝えによれば,二条堀川付近にあった霊石が六角通(岩上通六角辺り)に遷(うつ)され、更に中和門院(ちゅうわもんいん)(後(ご)陽(よう)成(ぜい)天皇の女御の一人で後(ご)水尾(みずのお)天...
引接寺 高野山真言宗。開基小野篁卿(802~853)、開山定覚上人(1017-恵心僧都の法弟)、諸人化導引接仏道から寺名。本尊は閻魔法王(高さ2.4メートル)左脇に司命、右脇に司録を安置し、往古の裁...
千本閻魔堂大念佛狂言 5月1日~4日まで、千本閻魔堂。壬生狂言、嵯峨大念仏狂言と並んで京の三大狂言の一つ。他の二つが無言であるのに対して、ここは有言の仮面喜劇。寛仁年間(1017-21)開山定覚が教言として始...
千本釈迦念仏 3月22日、千本釈迦堂。遺教経会、千本の釈迦念仏ともいう。釈迦の遺教経を訓読みして奉唱し、最後に「南無釈迦牟尼仏」と念仏するところからこの名がついた。文永年間(1264-75)、如輪上人...
陶器市 7月9日~12日、千本釈迦堂。陶器供養法要と全国陶器市として約40年前から始められている。境内いっぱいに各地からの陶器が並んで終日にぎわう。10日には本堂で陶器への感謝と業界の発展を祈...
石像寺 開基は弘法大師(空海)。819年(弘仁10)大師は石像を彫り、人びとを苦しみから救おうと「苦抜(くぬき)地蔵」と名づけられたが、後年「釘抜(くぎぬき)地蔵」と呼ばれるようになった。2...
称念寺 1606年(慶長11)獄誉上人が浄土宗(総本山知恩院)に属す松平信吉公の帰依をえて創建。猫をかわいがった第3世還誉上人のころの「猫の報恩」の伝説が猫寺の由来。還誉上人が愛猫をしのんで植...
上品蓮台寺 真言宗智山派の古刹。聖徳太子が開基で、960年(天徳4)寛空が再興したと伝える。かつては12坊の子院を擁したことから十二坊の名で親しまれている。絵因果経(国宝)のほか多数の文化財や平...
大報恩寺 大報恩寺は藤原秀衡の孫と伝える義空上人の開創。真言宗智山派の名刹。本堂(国宝)は1227年(安貞1)創建時のままで、京洛最古の古建築。本尊釈迦如来坐像(重文)のほか霊宝殿に快慶作の十...
建勲神社 天下を統一した織田信長の偉勲を称え、明治2年明治天皇が創建。1910年(明治43)船岡山の山腹にあった社を山頂に遷祀した。建勲の神号は明治天皇が下賜。明治8年別格官幣社指定。なお船岡山...
小山郷六斎念仏 六地蔵めぐり8月22日~23日、上善寺。六斎念仏踊りは平安時代の中頃、空也上人が庶民に念仏を唱えることを教えて京都の町々を巡ったことに始まる。国の重要無形文化財に指定されている。三段...
上善寺 天台真盛宗。863年(貞観5)慈恵により創建。多くの塔頭を擁したが度重なる火災に遭い、1483(文明15)盛信が中興の祖として再興している。1566(永禄9)柏原天皇の勅願所となり、1594(文禄...
大根焚・成道会法要 12月7日~12月8日、千本釈迦堂。釈尊が悟りを開いた日を記念して行われる厄除けの大根供養。丸い大根を切って供え、その切口に梵字を記し、無病息災を祈願した大根が油揚げとともに大釜で焚...
花まつり(花供養会) 5月第2日曜、千本釈迦堂(大報恩寺)。お釈迦様の生誕を祝う花祭で、愛らしい稚児行列が周辺を練り歩く。また創建に縁のある「おかめさん」を偲ぶ招福祭が行われる。境内の「おかめ」像に金...
船岡祭 10月19日、建勲神社。信長が初めて入洛した日を記念して催される。仕舞「敦盛」並びに舞楽が奉納される。年により、長篠の合戦にちなみ、火縄銃の三段撃ちの実射が奉納される。市バス/建勲神...
千本六斎念仏 8月14日午後7時、千本ゑんま堂にて開催される。8月7日から16日まで催される千本ゑんま堂「お精霊迎え・送り」の行事として奉納される。千本六斎会は西陣の土地柄を反映した華やかさが持ち...
織成舘 昭和11年に西陣織の帯地メーカーの店兼住居として建てられ、梁や柱・明かり取りの天窓など西陣の伝統的な『織屋建』を活かした織のミュージアム。観世流片山家収蔵の復原の能装束・日本各地...
おかめ塚 境内の東の塀ぎわの石造宝篋印塔がそれ。寺伝によると本堂創建のとき、大工棟梁長井高次が柱の一本を短く切ってしまい、深く悩んでいるのを見た妻の亀女が、名案をだして助けた。しかし亀女...
池大雅の墓所 浄土宗浄光寺の境内墓地に、江戸時代文人画の大家池大雅の墓がある。墓は碑面に「故東山画隠大雅池君墓」と二行に記し、側面に淡海竺常(たんかいじくじょう)の撰文になる銘文を刻んでいる...
織成舘(体験・見学) ・展示-西陣織をはじめ全国各地の手織物、関連資料、各種の機道具、時代衣装、能装束等。・体験-本格的なミニ機による手織り体験と、工房見学。●初心者コース○手織りテーブルセンター  ...
有職菓子御調進所 老松 北野天満宮の東門から東へ50m程の上七軒通りに位置する老舗。有職菓子とは古来より朝廷に伝わる儀式・典礼の際に用いられる菓子のことをいいます。和菓子作りの体験。お茶席等に出されてき...
協同組合 上千本会クーポン ほていや市場が核となり、食料品店を中心に商店街の原型が出来た。30年程前からクーポン事業や証紙事業に着手。近くには船岡山・千本えんま堂・釘抜き地蔵などがある。
天喜 ●料理種別-京料理・会席料理 ●おすすめコース(AM11:30~PM8:00迄入店) ・3,500円~8,000円(カウンター)(PM4:00~PM8:00) ・京料理 13,000円*また税・サービス料などが別にか...