与杼神社(駒札)

内容概要

 豊玉姫命(とよたまひめのみこと)、高皇産霊神(たかみおすびのかみ)、速秋津姫命(はやあきつひめのみこと)を祀り、古くは、淀姫(よどひめ)社、又は水垂(みずたれ)社とも呼ばれていた。  社伝によれば、応和年間(961~64)、僧千観内供(せんかんないぐ)が、肥前国(佐賀県)河上村の淀大明神を勧請したことに始まると伝えられている。当初、水垂町に祀られ、桂川の水上運輸の守護神として人々から崇敬されていたが、明治33年(1900)に淀川改修工事のためここに移された。  境内には、本殿、拝殿、神輿庫(みこしぐら)をはじめ、日大臣(ひだいじん)社、長姫(ながひめ)社、川上社、豊丸社などの各社殿が建てられている。中でも拝殿は、慶長12年(1607)に建造されたもので、国の重要文化財に指定されている。  毎年11月に行われる例祭は、「淀祭」と呼ばれ、多くの人々で賑う。伏見区淀本町

【正式名称】
与杼神社
【住所】
淀本町167
地図表示

周辺情報

大阪街道 東寺口から南下し淀・橋本を経て大阪へ。または伏見京橋から三栖・淀川堤を通り淀・大山崎から大阪に至る街道。豊臣秀吉が淀城を営んだころは京都と淀を結ぶ要路でもあった。この街道に並行...
唐人雁木の碑 伏見区納所は淀川と京を結ぶ交通の要所で、舟着場があったところ。唐人とは大陸からの使節、朝鮮通信使のことで、1607年(慶長12)から1811年(文化8)までに12回来日し上陸した記録がある。...
淀城跡 戦国期の城は現城跡より北の納所に築城。のち豊臣秀吉が淀君の産所として修築したが伏見城の築城で廃城。その後、1623年(元和9)松平定綱が現位置に築く。明治維新後破却。本丸石垣・内濠の...
淀本町商店街振興組合 淀は上古巨椋池の南端に位置し、淀川の起点であった。京の外港としての発展を基礎に、淀城下町として栄えた。京都競馬場開設に伴い京阪淀駅を中心に商業地として発展した。昭和52年に法人化...