日本最初の市電・中書島(駒札)

内容概要

我が国最古の電車路線であった伏見線(塩小路高倉~中書島間)七・一キロメートルと稲荷線(勧進橋~稲荷間)〇・七キロメートルは昭和四十五年三月三十一日限りをもって廃止した。 伏見線の歴史は長く、最初は京阪電気鉄道株式会社の手によって東洞院~油掛町間が明治二十六年二月一日に日本初の路面電車として開通し、大正三年三月三十一日と同年八月二十五日に延長部分が開通して中書島に達した。 一方の稲荷線は、明治三十八年八月四日に開通したが両線とも大正七年七月一日に京都市が買収し、大正十二年六月二十六日から狭軌から広軌に変更して運転した。 この路線は、由緒ある路線だけに専用軌道区間や酒蔵の並ぶ風格のある街並を走っていて人気があった。

【正式名称】
日本最初の市電・中書島
【住所】
葭島矢倉町
地図表示

周辺情報

西岸寺(油懸地蔵)  油懸山(あぶらかけざん)地蔵院西岸寺と号する浄土宗の寺で、天正18年(1590)雲海(うんかい)上人によって創建された。

 地蔵堂には、俗に油懸地蔵と呼ばれる石仏の地蔵尊を...
宇治川派流域の歴史 伏見港・宇治川派流は文禄三年(一五九四)豊臣秀吉の伏見城築城にともなう建築資材を運ぶため、宇治川の流路改修工事によりつくられた内陸の河川港です。
伏見城の外堀であった濠川につな...
長建寺  東光山と号し、真言宗醍醐派に属する。八臂弁才天(鎌倉時代後期作)を本尊とし、一般に「島の弁天さん」の名で知られている。

 元禄12年(1699)、伏見奉行建部内匠頭政宇(た...
寺田屋騒動址  文久2年(1862)4月、尊皇攘夷派の先峰であった薩摩藩士9名が殺傷されるという明治維新史上有名な寺田屋騒動が起こった所である。

 当時、薩摩藩には藩主の父、島津久光(ひさ...
京橋  この橋を京橋という。橋下の流れは宇治川に注ぎ、淀川に通じている。

 淀川の水運は、古くは京・大阪を結び、また琵琶湖を経て、遠く東海道・北陸とも連絡する交通上の大動脈であった...
西岸寺 ある時、山崎の油商人が門前で転び、油をほとんど流してしまった。災難とあきらめ、残りの油を地蔵さんにかけて供養したところ商売繁盛し、大金持ちになったという。1590年(天正18)岸誉雲...
辨財天長建寺 真言宗醍醐派。一般に‘島の弁天さん’と親しまれている。1699年(元禄12)伏見奉行建部内匠頭政宇(たけべたくみのかみまさのき)が中書島開発の際、深草大亀谷の即成就院から塔頭多聞院を分...
三栖閘門と伏見みなと広場 桜などの緑いっぱいの「伏見みなと広場」、伏見の町並みを見渡せる「宇治川展望スポット」、三栖閘門の歴史を解説する多くの資料が展示された「三栖閘門資料館」などがあり、通称「伏見のパ...
河童資料館 河童(カッパ)をキャラクターとして五十有余年。黄桜といえばカッパ、カッパといえば黄桜の河童資料館。河童の世界をわかりやすくテーマ別に展示し、河童のことなら何でも分かる。興味深く...
寺田屋 寺田屋は伏見の船宿。文久2(1862)年4月23日、薩摩藩急進派有馬新七(1825~62)以下35名が関白九条尚忠(1798~1871)と京都所司代の殺害を計画して集結した。薩摩藩は藩士を鎮圧に向かわせたが...
キザクラ・カッパカントリー 懐かしのテレビCM、お酒と河童(カッパ)のことなら何でもわかる黄桜記念館。京都地ビールの魁(さきがけ)となった「黄桜麦酒」、ここでしか購入できない限定清酒の他、魅力の商品を多数取...
月桂冠大倉記念館 酒の博物館「月桂冠大倉記念館」では、酒造りや日本酒の歴史をわかりやすく紹介しており、昔の酒造用具を行程にしたがってご覧いただけます。ロビーで吟醸酒やプラムワインの試飲もできます...
おくつろぎ処・おみやげ処 伏見夢百衆 大正時代に建造された月桂冠株式会社の旧本店社屋を活用した伏見夢百衆。おみやげ処として伏見の清酒約100種をはじめ、様々な伏見名物を販売。また、喫茶ではきき酒やお酒の仕込み水で点てた...
竜馬通り商店街振興組合 坂本竜馬であまりにも有名な寺田屋のすぐ東に蓬莱橋がある。この橋の北詰から北上する幅約3メートル程の通りが竜馬通り商店街である。竜馬の経済人としての才能にあやかり、それまでの南納...